公益社団法人 滋賀県環境保全協会 > 会員トピックス > 【滋賀県琵琶湖環境科学研究センター】「新水質実験調査船」の船名を募集!

2014年9月18日会員トピックス

【滋賀県琵琶湖環境科学研究センター】「新水質実験調査船」の船名を募集!

 滋賀県では、かねてより琵琶湖に関する研究とモニタリングを2隻の調査船(はっけん号、みずすまし2世)で進めてきましたが、

現在、2隻を統合した新水質実験調査船を建造しており、平成27年1月に竣工の予定です。

 琵琶湖の環境保全研究の推進に力を発揮することが期待されているこの新しい調査船にふさわしい船名を広く募集します。

(詳しくは以下の「URL」または「募集要領」をご覧ください。)

http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/dc31/de51/20140901.html

1.調査船の役割
 ○水質計や採水器などの観測機器を用いて、琵琶湖の水質やプランクトンの発生状況などを把握
 ○30ノット(時速55km)の速力を有し、水質異常などの緊急事態にも迅速な調査を行うことができる  など

2.調査船の特徴
 ○船型を工夫して、琵琶湖の船で初めて船首バルブを持つ構造とし、波の抵抗が抑制され、航行速度と燃費が向上
 ○ハイパワーかつ高効率な4サイクルディーゼルエンジンを採用し、現行のみずすまし2世に比べて燃費が約25%向上
 ○太陽光パネルを装備し、船内の照明(LED)に要する電力を全て供給可能

3.募集期限  平成26年10月2日(木)必着/ハガキは消印有効

4.応募資格  一切問いません。

5.応募方法
 ○滋賀ネット受付サービス
  http://s-kantan.com/pref-shiga-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=2627

 ○ハガキ・FAXに船名、船名についての説明、
  住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入のうえ送付ください。

6.表彰
 ○最優秀賞:1点賞状および副賞(近江牛一万円相当)、竣工式での新水質実験調査船案内
 ○参加賞:応募いただいた方の中から抽選で県立施設(近代美術館、陶芸の森陶芸館、琵琶湖博物館)のペア招待券を15名様に
  プレゼント