公益社団法人 滋賀県環境保全協会 > 会員トピックス > 【㈱エナシステム】「電気変換ロスを減少させる発電機」

2014年12月24日会員トピックス

【㈱エナシステム】「電気変換ロスを減少させる発電機」

 本社:草津市立命館大BKC内インキュベータ305『協会会員:㈱成田(本社大阪府枚方市)の子会社』は、エコエネルギーによる磁力回転装置発電機を用いた実行効率84%以上、発電量3.6~5.0KWモデル「エナマシン(EN-MGtype)]を開発しました。

 

特徴
1.太陽光、風力、バイオマス等の再生エネルギー発電やバッテリーでモーターを回し

軸連結上の発電機で新たな電気を直接発電します。

 

2.モーター発電機として開発し、もとの電気の質、波形の良、不良を問わず、

安心して直接使える綺麗な正弦波の電気を高効率で発電します。

 

3.また、定格が無いので、動力や電気・負荷の変動にも幅広く対応し、

効率の良い電気を供給出来る特徴があります。

 

4.びわ湖環境ビジネスメッセ2014」にて『エナマシン(EN-MGtype)』は

実行効率84%以上、発電量3.6kw~5kwモデルを展示実演し、好評を博しました。

 

5.現在5kw以上の機器を開発中です。ご関心ある企業様は・・・下記までお問い合わせください。
  現在ホームページ更新中。 TEL;072-841-5296