公益社団法人 滋賀県環境保全協会 > イベント実施様子 > 平成28年度 立命館大学 琵琶湖Σ研究センター・生物資源研究センター合同シンポジウム

2016年9月21日イベント実施様子

平成28年度 立命館大学 琵琶湖Σ研究センター・生物資源研究センター合同シンポジウム

滋賀県は琵琶湖を中心に豊かな自然を有しており、生物資源の宝庫です。

この資源の有効活用に着目してΣ 研究センターと生物資源研究センターとの合同シンポジウムが

立命館大学 BKC ローム会館で開催されました。

 

◆開催日時  平成28年9月21日 (水) 13:00~17:30

◆開催場所  立命館大学 びわこ・くさつキャンパス ローム記念館 3階及び5階

◆参加者     約130名

◆主催    立命館大学 琵琶湖Σ 研究センター

         立命館大学 生物資源研究センター

         (公社)滋賀県環境保全協会

 

【プログラム】

第1部  ポスターセッション:立命館大学 研究生による研究テーマの発表(24件)

              :ポスター出展企業、オリエンタル酵母㈱、キリンビール㈱

                       第一工業製薬㈱、㈱たねや、㈱日吉 他8社   

 

第2部(講演会)

1、挨 拶  立命館大学 生物資源研究センター副センター長 石水 毅氏

(生命科学部 准教授) 

     

Ⅱ、基調講演 「我が国の食料・農業・農村の動向を見る~平成27年度白書より」

           農林水産省 大臣官房 広報評価課 情報分析室長 小山内 司氏

 

   講演 1   「滋賀の薬用植物資源」 薬学部 教授 田中 謙氏

   講演 2   「瀬田シジミの現状」   瀬田漁業協同組合 組合理事長 吉田 守氏

   講演 3   「地域農業の発展に貢献するICT農業の取組

               ~守山市冬メロン無加温12月収穫栽培技術の創出~」

           2、閉会挨拶 琵琶湖Σ 研究センター長 久保 幹氏(生命科学部 教授)