2014年12月25日メールマガジンバックナンバー

第67号(2014年12月号)

□■□■□■【定期メールマガジン 第67号(2014年12月号)】 □■□■□

《掲載項目》
 ・環境トピックス(最近の環境動向がわかる)    
 ・<法改正対応ダイジェストの今月号のトピックス>
 ・セミナーやイベント情報開催のご案内 など

  公益社団法人  滋賀県環境保全協会    http://www.kankyohozen.jp  
                                                          
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

                 ○●環境トピックス●○ (1)~(12)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)経済産業省と環境省、フロン類の平成25年度回収量等の集計結果公表
======================================================================
■内容:平成26年12月1日、「フロン回収破壊法」に基づく第一種特定製品
        (業務用エアコン及び業務用冷蔵・冷凍機器。以下「業務用冷凍空調機器」
        という。) からのフロン類の平成25年度回収量をとりまとめ、公表
■詳細:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18985

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)環境省 平成25年度の温室効果ガス排出量(速報値)公表
======================================================================
■内容:地球温暖化対策の推進に関する法律等に基づき、
        平成25年度の温室効果ガス排出量をとりまとめ公表
■詳細:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=19016

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)環境省 55社の平成25年度電気事業者別排出係数等を公表
======================================================================
■内容:平成26年12月5日、温対法に基づく政府及び地方公共団体実行計画に
        おける温室効果ガス総排出量算定に用いる
        平成25年度の電気事業者別実排出係数及び代替値を官報に掲載
■詳細:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=19009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4)キヤノン、「トナーカートリッジリサイクル」が25周年、累積で約32万tを回収
======================================================================
■内容:「トナーカートリッジリサイクルプログラム」が2015年に25周年を迎える。
        トナーカートリッジの部品や外装プラスチックをリユース・リサイクルする
         取り組みで、2013年12月末時点で累積約32万tを回収
■詳細:http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-12/pr-toner25th.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(5)環境省「CO2削減ポテンシャル診断セミナー2015」の開催について
======================================================================
■内容:大阪開催 平成27年2月5日(木) 10:00(9:30開場)
■詳細:http://www.env.go.jp/press/19018.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(6)温対法に基づく政府及び地方公共団体実行計画における温室効果ガス総排出量
  算定に用いる平成25年度の電気事業者ごとの排出係数等の公表について(お知らせ)
======================================================================
■内容:ーーーーー
■詳細:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=19009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(7)環境省 官民連携啓発プロジェクト「ウォータープロジェクト」本格始動
======================================================================
■内容:国民に向けて、水循環基本法の理念の理解や健全な水循環の理解を
    呼びかけるために、「ウォータープロジェクト」を本格始動する。
■詳細:http://www.env.go.jp/press/19019.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(8) キリンビバレッジ、国産最軽量の2LPETボトルを「アルカリイオンの水」に導入
======================================================================
■内容:導入する国産最軽量の2LのPETボトルの重さは28.9g
■詳細:http://www.kirin.co.jp/company/news/2014/1208_02.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(9)環境省「CO2削減ポテンシャル診断セミナー2015」全国5か所で開催
======================================================================
■内容:これまでのCO2削減ポテンシャル診断事例や事業成果を紹介  
■詳細:大阪
  日時:平成27年2月5日(木) 10:00(9:30開場)
  会場:大阪コロナホテル 別館 200AB会議室
     http://www.osakacoronahotel.co.jp/access.html
     http://www.env.go.jp/press/19018.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(10)環境省 平成24年度産廃総排出量 前年度より約2百万トン減少
======================================================================
■内容:12月15日、平成24年度の産業廃棄物の排出及び処理状況の調査結果を公表
■詳細:http://www.env.go.jp/press/19022.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(11) 環境省、平成 26 年版 L2-Tech リスト(素案)を公表       
======================================================================
■内容:科学技術的・客観的観点から情報を整理し
    平成26年度版L2-Techリスト(素案)」としてとりまとめ公表
■詳細:http://www.env.go.jp/press/18927.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(12)滋賀県連携協定記念シンポジウム『水の恵みを琵琶湖から大阪へつなぐ』の開催
======================================================================
■内容:“水”を通して琵琶湖や淀川、大阪湾の恵みを考えるシンポジウムを開催
■詳細:開催日 平成27年1月30日(金曜日)13時30分~16時30分
    会場  株式会社 大阪国際会議場
        http://www.gco.co.jp/access/traffic/        

                                             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆☆★☆★<法改正対応ダイジェストのトピックス>☆★☆☆★☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○官報情報:・・
 ・水質汚濁防止法関係 
     水質環境基準及び地下水環境基準の一部改正(平成23年環境省告示第94号、
      第95号)で、カドミウムの水質環境基準及び地下水環境基準が、従来の基準値
      0.01mg/Lから0.003mg/Lに強化されたことに伴い、地下水浄化基準及び排水
      基準が一部改正された。
  ・下水道法関係 
     カドミウム及びその化合物の下水排除基準が、0.1mg/Lから0.03mg/Lに強化
      された。

    ・環境基本法関係 
     トリクロロエチレンに関する水質環境基準及び地下水環境基準が
      0.03mg/L以下から0.01mg/L以下に強化された。 
  
○環境情報:・
  ・水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令(平成26年11月4日環境省令
      第30号)が平成26年12月1日に施行されることに伴い、改正省令の実施に
      おける留意事項が都道府県知事等に通知された。

    ・平成24年度における、水濁法、瀬戸内法及び湖沼法の施行状況が公表された。

    ・トリクロロエチレンの基準値が0.03mg/L以下から0.01mg/L以下に強化された
      ことから、その留意事項が都道府県知事等に通知された。
  
    
○条例情報:12月 1日滋賀県公害防止条例施行規則の一部が改正
   滋賀県規則第62号
         別表 第1第22項中「木材、薬品処理業」→「木材薬品処理業」へ
     別表 第11中
      カドミウム及び化合物 1リットルにつきカドミウム0.01ミリグラムを
      カドミウム及び化合物 1リットルにつきカドミウム0.003ミリグラムに改正
        付則
     この規則は、公布の日(12月1日)から施行する。
    http://www.pref.shiga.lg.jp/ken-koho/files/3933-12-1.pdf
     他は12月17日までありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○●○●○●○● H26 9月~開催セミナー / イベント情報 ○●●○●○●○● 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━          
①新春特別講演会及び賀詞交歓会
日 時 ;1月23日(金) 16:00~17:00
場 所 ;京都メルパルク

②地域別環境保全研修会
日 時 ;1月30日(金) 14:00~16:30
場 所 ;大津市市役所 新館 会議室
共  催 ;大津市

③立命館大学琵琶湖Σ研究センター主催の
  研究発表
日 時 :平成27年1月18日(日曜日)13:00~18:30
場 所 :発表会・・・大津市ふれあいプラザ4階ホール(京阪・浜大津駅 徒歩1分)
        (大津市浜大津4丁目1-1 「明日都浜大津」内)
    :懇親会・・・琵琶湖汽船ミシガン号(京阪・浜大津駅 徒歩3分)
協 力 : 当協会

――――――――――――――――――――――――
○●その他 事務局 年末年始休業お知らせ●○
――――――――――――――――――――――――
年末年始を下記のとおり休業とさせて頂きます。
休業期間中は、何かとご不便、ご迷惑をおかけすることと存じますが、
何卒ご理解いただきますようお願い致します。

年末年始休業期間 : 2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)

1月5日(月)9:00より業務を開始いたします。

======================================================================
セミナー等の詳細及び申込みについては当協会HPをごらんください。
     http://www.kankyohozen.jp/

このコンテンツの閲覧は、会員限定となっております。既に会員登録を済みの方は、ログインして下さい。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する