公益社団法人 滋賀県環境保全協会 > 技術提供 > 重金属、油分、その他危険物の汚泥処理「新クリラック処理」

2018年4月12日 技術提供

重金属、油分、その他危険物の汚泥処理「新クリラック処理」

【提供会員】 : WEF技術開発株式会社(アオヤマエコシステムグループ)

 

重金属、油分、その他危険物を含んだ汚泥は処理が大変です。今回ご紹介する「新クリラック処理」は、汚泥に2液を加えるだけで、15分で再泥化、再溶出がなくなり、7日ほどで含水率20%ほど、重量比80%減ほどになり、リサイクル可能な凝固物になります

 

<新クリラック処理>


セメント・石灰不要の凝固処理

 

安全・安定:

 あらゆるヘドロを無害な砂質土にする。再泥化、有害物質の再溶出無し。

 

大量・早い:

 ヘドロの含水率にかかわらず、短時間で凝固。
 1時間で移動可能状態に凝固。
 再泥化しないので、天日乾燥で脱水処理可能(約4~10日)

 

減容化:

 各種排水スラッジ等は1/10以下に減容可能(含水率10%以下)。

 

リサイクル:

 セメント系処理剤のように、凍結、熱、風化による劣化がない。
 法面等の緑化、公園の芝生施工等の基盤材として利用が可能。
 石油系スラッジは水分がなくなるので、燃料利用も可能。

 

中性処理:

 中性域で処理、安定化されるため、酸・アルカリ二次汚染が発生せず、
 魚介類や植物の生息に影響がない。

 

 

<凝固・脱水のメカニズム>


tec20180409

 

 

本技術にご興味のある企業様は是非一度お問い合わせください。