公益社団法人 滋賀県環境保全協会 > イベント実施様子 > 平成29年度 立命館大学 琵琶湖Σ研究センター 第8回シンポジウム

2017年9月21日イベント実施様子

平成29年度 立命館大学 琵琶湖Σ研究センター 第8回シンポジウム

今年の第8回シンポジムでは、『 琵琶湖の価値を「10倍」高める 』

をテーマに、琵琶湖とその周辺地域が持つ水産資源、農業資源、

観光資源のコンテンツを整理し、水産資源の観点から産学官連携に

よる価値創発につなげ、ひいては琵琶湖の価値を高める「国民的資産」

活動につながる講演会を下記の要領で開催しました。

 

◆開催日時         平成29年9月21日 (木) 14:00~19:00

 

◆開催場所         立命館大学 びわこ・くさつキャンパス ローム記念館 3階及び5階

 

◆参加者              約100名

 

◆主催         立命館大学 総合科学技術研究機構 琵琶湖Σ 研究センター

    共催               (公社)滋賀県環境保全協会

 

                                                                        【プログラム】

 

ポスターセッション 14:05~ :理工学部、生命科学部、薬学部の学生中心(17題)            

                

講演1   15:10~ 琵琶湖の水産業  ―これまでの取り組み、そしてこれから

                 滋賀県水産試験場 次長 桑村 邦彦氏

 講演2   15:50~ 水産資源確保のためのロボット利用可能性

                  理工学部ロボティクス学科 教授 川村 貞夫氏

講演3   16:20~ 三方美(い)しスタディ:滋賀の健康を食から考える

               ———「 ab豆倶楽部 」を例に

               スポーツ健康科学部スポーツ健康学科 教授 海老 久美子氏

講演4   16:50~ 湖国食材の魅力を再発見 

                                                     ——–フレンチの技法を用いた新たな”食”の提案~

                                                      琵琶湖ホテル レストラン調理部 洋食調理課 料理長 稲葉 章夫氏

情報交換会 17:30~   開会の挨拶と乾杯の音頭

                       (公社)滋賀県環境保全協会 専務理事 吉田 守

閉会     19:00